| もどる | トップページ |

 評価試験の概要をご紹介します。
 試料の状況、依頼試験の内容などについてのご相談は、直接実験室にお電話ください。
  〒350-1107 埼玉県川越市的場新町21-2
    電話・FAX:049-231-2197

引火点試験

 引火点試験法としては、セタ密閉式、タグ密閉式、クリーブランド開放式が実施可能です。
 主に、消防法危険物の第4類(引火性液体)の判定を行います。消防法では試料に応じては、動粘度測定試験も実施します。規格としては、JIS K 2265、ASTM D3828、D1310、E659などによります。
 タグ密閉式を用いて燃焼点測定試験も実施します。

 引火点試験(左:セタ密閉式、 右:タグ密閉式)

発火点試験

 発火点試験は、火薬学会規格、ASTM E659規格によります。


 発火点試験(ASTM法)

粉 塵

 粉塵に関する爆発特性の試験を行います。試験の規格としては、日本紛体工業技術協会規格、JIS Z 8818(米国鉱山局ハルトマン式)によります。
試験項目は、爆発下限界濃度、限界酸素濃度、爆発圧力、最小着火エネルギーなどです。


左:粉塵爆発下限濃度測定試験装置、 中:爆発圧力測定試験装置
右:爆発の瞬間


粉塵爆発最小着火エネルギー測定装置

その他の消防法に係わる試験

 小ガス炎着火性試験 (消防法危険物第2類 可燃性固体)
 熱分析試験 (消防法危険物 第5類 自己反応性物質)
 圧力容器試験 (消防法危険物 第5類 自己反応性物質、 国連危険物試験)
 水との反応性試験 (消防法危険物 第3類 禁水性物質)
 自然発火性試験 (消防法危険物 第3類 自然発火性物質)

感度試験

 火薬学会規格による火薬類、その他の危険物の感度試験を行います。
 落つい感度試験
 摩擦感度試験
 静電気感度試験

その他の安全性に関する試験

 外部火災試験、温度記録、記録撮影などご相談ください。


     燃焼試験室             外部火災試験
    (日油技研提供)